訪問看護ステーションみやま|在宅医療・在宅介護などでお困りの方へ・・・

ご相談は無料です!お気軽にお問い合わせください!

0944-63-5500

0944-85-9334

WEBからのお問い合わせはこちら

スタッフ紹介

  • 株式会社Life 代表取締役
    訪問看護ステーションみやま 管理者
    堀下 友行

    最終学歴:
    久留米大学大学院医学研究科「老人看護専門看護師」教育課程中退

    経歴:
    1998年4月~2011年7月 久留米市内精神科病院(管理職経験)
    2012年3月~2015年4月 古賀病院21勤務
    2015年3月~ 株式会社Life設立

    2015年6月~ 訪問看護ステーションみやま開所
    2017年4月~ 熊本保健科学大学 認知症看護教育課程 非常勤講師
    2017年4月~ 古賀国際看護学院 老年看護学 非常勤講師

    【取得資格】
    精神科認定看護師(登録番号163号)
    認知症ケア専門士(認定第1603100号)

    祖母の闘病を高校生の時に経験し、何もしてあげることができなかった後悔から看護の道に入る決意をしました。その後、精神科病院や総合病院で臨床経験を積んできました。 その中で、サポート体制が整えば自宅などで生活ができる方々(御家族も含めて)を目の当たりにし、在宅医療の重要性を感じ、訪問看護ステーションを開所することを決意しました。
     これまで、関わってきた方々に感謝しながら、在宅医療・ケアに携われることを誇りに思い、皆様に信頼していただける訪問看護ステーションを作り上げていきます。

  • 副管理者
    訪問看護師
    (3学会合同呼吸療法認定士)
    宮崎 豊和

     これまで急性期病院で勤務をしていました。数々の入院患者さんと関わらせていただく中、重症化して病院を受診されたり、治療の経過が長期化されることも多くあり、「家ではどんな生活をされているのだろうか?」「病状が悪化する前に何か関わることが出来ないだろうか?」と疑問を抱き、訪問看護に興味を持ちました。
    ひとりひとりの利用者さん、ご家族の方と向き合い、住み慣れたご自宅で安心して快適な療養生活が送れるようにお手伝い出来ればと思います。

  • 主任
    訪問看護師
    藤木 ゆり子

     私は今までに急性期病棟や外来で看護師の経験をしてきました。今まで経験したことを活かし、利用者様が自宅でその人らしく安心して生活ができるお手伝いができればと思います。日々の自己研鑽を行い、より良い看護を提供していきたいと思います。

  • 主任
    訪問看護師
    野田 真市

    これまで精神科急性期病棟、慢性期病棟、認知症病棟、内科病棟等で勤務してきました。病棟で働いていると、退院される際、喜びはあるものの在宅での不安が残ったまま退院されることも多く、在宅で支援をしてみたいと思うようになりました。
     自分もそうですが、「あまり入院したくない」「できれば家で生活をしたい」と思っています。在宅での看護の経験はないので正直不安も大きいですが、不安が無くなるよう利用者の方が、自分らしく生活できるよう、自己研鑽しながら看護をしていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。

  • 訪問看護師
    松尾 典子

     私は人と接する事が好きでこの仕事をさせていただいています。ご利用者さんの気持ちやご家族の思いを大切にしながら、ご利用者さんが住み慣れた家でその人らしく暮らせるように、サポートさせていただきます。

  • 訪問看護師(⽇本精神科医学会・認知症認定看護師)
    加々良 謙二

    準備中

  • 訪問看護師
    小宮 千穂

     今まで外来・病棟で患者さんと携わらせて頂いてきました。看護に携わる中で薬物投与・医療機器を使用する事以外でも、患者さんの心身が少しでも楽になる方法はないかなと思う事が多くありました。今回、在宅看護の道を選択した際に、アロマセラピーとの出会いがありました。精油の香りとやさしさのあるマッサージで心身の緊張や不安を緩和できる関わりを実践していきたいと思います。

  • 訪問看護師
    小出 幸子

    準備中

  • 部長
    作業療法士
    原田 康昌

    作業療法士として急性期から回復期、生活期での臨床を重ねる中で、脳血管障害や神経難病、運動器疾患や精神疾患など様々な方のリハビリテーションに関わらせていただきました。
    私の経験の中で、退院時は元気にご自宅へ帰って行かれた方が、体調不良や転倒し骨折して再入院をされる、というケースが少なからずありました。そのような中、「在宅でどのような生活をされているのだろうか?」と疑問を抱き、訪問リハビリに興味を持ちました。
    「リハビリといえば病院等のリハビリ室でしてもらうもの」と思われがちですが、在宅でのリハビリは身体・精神機能の改善や日常生活動作の練習、趣味活動等を実際に生活されている場所で実践的なリハビリを行うことができます。
    これにより、利用者様や介護されるご家族が生活しやすい方法や環境を一緒に作り上げていくことが重要だと思います。
    住み慣れた環境や地域でいつまでも過ごせるように、利用者様に合ったオーダーメイドのリハビリテーションを多職種と連携しながら提供していきたいと思います。

  • 主任
    理学療法士
    廣松 智之

    私は以前回復期病院に勤めていました。自宅退院後の生活を見据えての介入を行っていく中で徐々に在宅の分野へ興味を持つようになり、病院でできていたことが実際の生活場面ではできないといったことも多く、在宅分野の必要性を強く感じるようになりました。
    安心・安全に自宅での生活を送れるように御本人及びご家族の方々との密な関わり合いや個人に合わせたリハビリテーションの提供を通してサポートができればと考えています。

  • 理学療法士
    吉田 雅司

    私はこれまで、一般病棟や回復期病棟、医療療養型病棟、訪問リハビリと幅広く経験してきました。その中でも慢性期の患者様・利用者様と関わらせていただく機会が多く、機能的なアプローチや生活環境と広い範囲で考え、生活をとらえてリハビリを実施していくことにやりがいを感じるようになりました。利用者様の生活をみていく為には、療法士だけではなく、御家族やスタッフ等、関わる全ての人との連携が欠かせないと考えています。これまでの病院や在宅で学んだ経験を活かし、利用者様や御家族を支援できるよう、多くの方と関わり協力して励みたいと思います。

  • 理学療法士
    吉村 智恵

    準備中

  • 理学療法士
    辻 洋平

     以前は回復期リハビリテーション病棟で理学療法士として患者様と関わらせていただいていました。これまでの経験を活かして、利用者さんやご家族が安心して生活できるようにサポートしていきたいと思います。より良いリハビリテーションを提供できるよう努めていきます。

  • 作業療法士
    堂本 郁香

     急性期~地域包括病棟で日常生活動作訓練を中心としたリハビリを行っていました。その時から実際の生活の場で何かできることはないかと考えていました。日々、試行錯誤しながらですが、利用者さんのニーズに寄り添ったリハビリを提供できるよう微力ながら頑張っていきたいと思います。

  • 事務職員2名

    準備中

認定資格一覧

  • ・日本精神科看護協会認定 精神科認定看護師
  • ・日本看護協会認定 緩和ケア認定看護師
  • ・3学会合同呼吸療法認定士
  • ・日本心臓リハビリテーション学会認定  心臓リハビリテーション指導士
  • ・日本認知症ケア学会認定  認知症ケア専門士
  • ・地域包括ケア推進リーダー(現:地域ケア会議推進リーダー)

  • お問い合わせバナー